風の道アートDiary

人生後半、描きたいものを、心より

公園のジュリアン君

散歩〜スケッチ

数日前、穏やかな陽気に誘われて、一人スケッチに出かけました。
近隣の散歩道は、平日の午前中は人影もなく、道の両脇に咲いている花々に吸い寄せられるように近づき、触れたり匂ったり。左右にふらふらと蛇行しながら気の向くままに歩き、

f:id:cazenomici:20210406163156j:plain

途中、園芸店に立ち寄り、色のまばらな店先を覗いて、新しい苗を物色。
そして、普段は通らない道沿いの河口と思われるほとりに、朽ちたトタン壁の古い建物を発見して、絵になるだろうか?としばらく眺めたり。
20分ほどの散歩でも、興味を引くものが色々と目に入ります。

木立ちの模写と、風景の習作

スケッチに先がけて、今回は樹木の模写をしました。

模写 ⑤木立ち、主に茂み <25.2×21.5cm>

f:id:cazenomici:20210406162509j:plain
葉の色を重ね過ぎ?
止め時が判らず、気付いた時にはもう遅い😱

 さて、公園は人があまりいないことを願っていたのですがーー。
春休みだったんですね。
小さいお子様連れ家族や、運動をする若者など、予想外に多くの人がいて、「アラ、どうしよう。」と一瞬ひるんだのですが。

幸い、私の陣取る場所は公園の隅で、あまり人気のない所です。
木々の間に小さな彫像があり、一般には目につきにくいのか、寄ってきたり、立ち止まって見たりする人はあまり居ません。
辺りを伺いながら、こそっとスケッチブックを取り出し、静かに描くことができました。

木立と彫像・ジュリアン君 <30×22cm>

f:id:cazenomici:20210405222304j:plain
紙:muse 
絵具:ホルベイン文房堂
所要時間は、スケッチ30分、着彩3時間。

”木立を描くのは難しい” という課題が、またひとつ見えて来ました。

余談ですが

この彫像の名前は「ジュリアン」君。
1959年、地元の商工関係の視察団がベルギーへ行った際、買い求めた小便小僧だそうです。

小便小僧はベルギーが発祥の地。祖国が戦火の際に、仕掛けられた爆薬導火線の火を、自分のオシッコで消して危機を救ったと言われている。

昭和の時代、この像は街の商店街の入り口に建っていて、シンボル的な存在だったのですが、商店街が衰退し、アーケードが取り壊され、通りが〇〇ストリートと名前を変えるうち、いつの間にか姿を消していました。
公園で再び目にしてからは、昔馴染みが戻ったようで懐かしく、いつか絵に描こうと思っていました。
なかなか実行できず、昔描いたと思われるスケッチが一枚だけ。

f:id:cazenomici:20210405224205j:plain
鉛筆スケッチ いつ頃描いたか不明。 

形は小僧さんのままでも、彼はもう還暦を越えていて、今はあちこちに欠けや痛みも見られます。いつまで立ち続けられるのか、彫像と自分を重ねながら時の経過を感じずにはいられません。これからも折々には、この小さな友に会いに行こうと思っています☘️

春色

 春ですね。

庭にはチューリップやムスカリが咲き、一気に春色になりました。
毎朝、狭いながらも自然を感じることのできるこの空間をパトロールして、季節を味わうのは、暇人ならではのありがたい日課になっています

ただ、腰痛持ちには草取りはめんどうなもので、時には、土の部分を減らして楽したいと思うこともあります。
今も、足元は、じわじわとシロツメクサに占領されつつあるのですが、荒れた庭にもそれなりの風情があり心和ませてくれます🍀

f:id:cazenomici:20210328150133j:plain

 花粉症があるので、この時期、外にはあまり出ていません。
3月に再開されたスケッチ会も欠席したし、この調子でいくとますます出不精になってしまいそうです。

花の絵を模写して、習作を描く

模写 ④ユリとフェニックス<28×23cm>

 f:id:cazenomici:20210323211243j:plain
手本は背景の暗色がもっと濃いが、バシっと置くにはためらいがありました。
背景の役割について少しずつ考えを深めております。

次に、この模写に近い配色を生かして習作にトライ。

チューリップ  <28×23cm>

f:id:cazenomici:20210328154109j:plain
紙:muse
絵の具:分房堂、ホルベイン

チューリップは庭に咲いているものを見ておいて、雑誌の写真を参考にして描きました。
しかし、毎度のことながら、描いているとイライラしてしまうのは何でだろう?
歳とともに根気がなくなる気がする?
今回はイライラしてきたところでストップし、1日置いて続きをやってみると、落ち着いて描くことができました。ゴミにならずに済んで良かったです😅

楽しくてもスローペースで

2月の後半から体調を崩してしばらく絵を描いていませんでした。
入院と自宅療養を含め2週間ほど、食べては寝るだけを繰り返し、やっと回復しました。コロナではなかったことが幸いです。

自分のしたい事、それは概ね楽しい事、と思われます。その楽しいことをして疲れるのも妙な話ですが、私は絵を描くとすごく疲れる気がします。昔、油彩をやっていた頃から、そのことは度々感じていました。もちろん、今回の病気は風邪が発端で、日頃の体調管理ができていないことにあります。が、絵を描いて何かしら消耗することを、否応なく実感しています。
少し怠慢なくらいがちょうど良いのかもしれません。絵は楽しみながら、ゆっくりでも続けられれば良い、無理は禁物、と今は思っています。

 静物の模写 ③モモ <27×16cm>

最初のデッサンを、線が濃くなるのをかまわず、いつもよりしっかり描きました。

f:id:cazenomici:20210313105157j:plain

そして鉛筆の跡が残るのは気にせず着彩。
パレット上での混色と、画紙上での混色の両方を試します。

画紙上での混色は予想しない色が現れてハッとしたり、パレットでの絵の具の伸ばし方など、新しい気付きもありました。

f:id:cazenomici:20210313105231j:plain
完成。
紙:muse
絵具:文房堂
お手本の構図が良いからか、描いていてワクワクしました。汚く見えるかもしれませんが、色調も好みです。

自分で構図を考えて描く

上記をふまえて、構図の取り方、混色を自分なりに考えてやってみます。
高さのある器、八朔、ローリエドライフラワー

f:id:cazenomici:20210314220846j:plain
<27×19cm>
紙:muse
絵具:文房堂ウオーターカラー、ホルベイン
器の模様は省略する方が難しいため、すべて描きました。中途ですが体力不足で終了しました。

水彩画を独学で習得するために

水彩画を独学で習得するために考えた自分なりの方法

美術系の学校は出ていない私、これまで絵画の基礎はすべて独学で学んできました。
この度の水彩画も自力でなんとかやろうと企んでおります。

昨年夏から半年間、やみくもに本を読んだり、ビデオを見たりしながら、拙い習作を何枚か描いてきましたが、どうやら空回りしていた気がします。

どんな絵を描きたいか?

この点が定まらなかったのが、手応えのない理由の一つでした。
始めたばかりで、こういう作風の絵を描きたい、と決めるのは難しいのですが、自分の趣向というものはおぼろげながらも胸の内にあるもので、それと全くかけ離れたものを求めることはあまり無いと思います。
そのため、なるべく早く自分が好む絵に出会いたい、そしてその絵の作家さんをお手本にしながら習得していきたいと考えていました。

幸いなことに、最近になってお手本としたい作家さんが見つかりました。やっと方向が見えてきて嬉しく、ここから地道に研鑽していこうと思っています。
その方の書籍を2冊購入し、さっそく模写をしました。

静物の模写 ①ワインボトル <29×17cm>

f:id:cazenomici:20210225160256j:plain
彩色ステップを身につけることが目的です。
平塗り、重ね塗り、ウエットインウエット、ぼかし、ドライブラシと削り、
以上の基本技法が入っています。

静物の模写 ②ブロッコリーを描く <24×21cm>

f:id:cazenomici:20210225161514j:plain
混色実践の課題。
全体が生の緑にならないよう調整するねらい。陰になる部分にはクリムソンレーキを少し混ぜて、塗るというより置くように。暗い背景に合わせて陰色もやや強めに入れる。

自分で構図を変えて描く

2つの模写を終えたところで、今度は自分でモチーフ設定して描きました。
構図を決めることは、それだけで絵の半分が完成すると思えるくらい重要な作業。これは是非とも自分でやって身につけたい。モノが少ない我が家では、身の回りに絵になりそうなものがなかなか無いので困りますが。

ブロッコリーにホーロー製の砂糖入れと八朔、レモンを合わせました。

f:id:cazenomici:20210225165551j:plain
<28×19cm>
用紙:muse
絵の具:文房堂ウォーターカラー、ホルベイン
後から見て、中心が窮屈でバランスが悪いと思いました。モチーフを組むのは難しいです。

物忘れ&早とちり

f:id:cazenomici:20210207221618j:plain
鉛筆デッサン(模写) 過去に描いたものです

週末はいずれも春の暖かさ、絶好のスケッチ日和でした。
土曜は朝からスケッチに行かなくては!と、まるで強迫にも似た義務感を覚えおちつきません。一方でなぜか行くのがためらわれ、ぐずぐずしているうちに昼が過ぎ、3時近くになって、やっぱり行こうと、あたふた準備する。
この前、鉛筆を忘れたので、今日は一番にそれを用意し、水、ペットボトルでにわか作りの筆洗器をこしらえ、その他もろもろをエコバックに放り込む。もう時間的に余裕はないのに出かけました。

 

f:id:cazenomici:20210207221301j:plain
目的地の港です。

岬のように突き出たところから港側を眺めた図で、キラキラした波の模様が眩しく、赤い屋根の家々も明るくて、ちょっと南欧風にも描けるかな?と、ここでスケッチすることにしました。
ところが、、、。腰をおろして、用品を取り出していて、あれ? まさか!
鉛筆が無いではありませんか。
「またやってしまった!」「机の上に置いたままだった〜。」もはや、自分のそそっかしい性格を否定するより、即、肯定する私。
仕方なく前回同様、細筆で下描きを試みるも、多分うまく行くはずがないと途中でやめ、しばらくは、この輝く波の色と潮風を、ひとり満喫しました。
こんな時間を過ごせることを、贅沢のように感じていたけれど、本当は身近にあるのに、実行してないだけなんですね。

それから次回のためのスポット探しを兼ねて、近辺を車でウロウロと回り帰宅したのですが、家に帰って道具類を仕舞おうとしたら、、、袋の底から出てきたのは。
そう、鉛筆ではありませんか!!  ちゃんと入っていたのです。
早とちりして、きちんと探さなかった自分が恨めしい。
今回の場合は自分の趣味に関するものなので、人に迷惑をかけるものではないが、認知症の前触れではないことを切に願う次第です。

二日続きの晴天に、絵が描けなかったことは怠慢ではありますが、忘れたり、早とちりしたりして味わった時間や事柄は、良い思い出として残るでしょう。
私にとってはすべて it's ok!です。

水仙の香り

スイセンを描いてヘッセの詩を思い出す

f:id:cazenomici:20210204152448j:plain
紙:ウォーターフォード SMサイズ 裏面 
絵具:文房堂
所要時間:2時間

農協の朝市へ行って桃の花を買いました。大きな桃の枝の束に、水仙が一緒に結えられていて、可哀想なくらい窮屈そうでした。オマケ程度に添えられたこの水仙は良い感じ。桃の方は枝が大きく、花は小さい。どうも絵にするのが難しそうです。
今日は仕事が休みだから時間はたっぷりあったのに、確定申告の書類に目を通したり、片付けをしたりして、遅い時間になって描き始めました。
夕食後、ダイニングテーブルに置いて描いた水仙です。描いている間中、部屋の中はとても良い香りに満たされていました。 

スイセンの香りは
ほろ苦いけれど 優しい
それが土の匂いとまじりあい
なま暖かい真昼の風に乗って
もの静かな客人のように窓から入ってくるときは。

私はよく考えてみたーー
この香りがこんなに貴重に思われるのは
毎年私の母の庭で
最初に咲く花だったからだと。

     ヘルマン・ヘッセ

 

一人スケッチにトライ

苦手なものを描いた

f:id:cazenomici:20210202152309j:plain


やっと「スケッチに行こう!」という元気が出て、一昨日、行ってきた。
行き先は生まれ育った所。寂れた港町です。
現地の友人にお願いして、何ヵ所か良さそうな場所を教えてもらい、その中の一つ、大銀杏のある寺の門前を描きました。

鉛筆を忘れてしまい、スケッチブックに筆でデッサン

f:id:cazenomici:20210130213604j:plain

水彩紙に下描き、薄く着彩

f:id:cazenomici:20210130213642j:plain

ここまでで、30〜40分くらい。

描き出し、早る気持ちで筆を持った。ゆるい午後の光が陰らなないうちに、出来るところまで進めようと没頭。が、なぜか描きにくい。う〜ん、おかしい?とよく考えたら、強度の近視なのにメガネをかけていなかった。老眼もあり、手元はメガネが無い方が見やすいから、ややこしい。それは関係ないとしても、しまりの無いぼんやりした絵になってしまった。この先どうすれば良いのか行き詰まり、早々に終了。写真を撮って呆気なく帰途に着く。

この日の外気温は7°C。
スケッチって、大変なんですね〜〜!
延べ50分は、まるで修行のようで、楽しさよりも寒さの方が身に染みました。
そして今日、家で続きを描く。
神社仏閣は敬遠していたが、やっぱりこれは苦手だし、下手くそだと判明しました。それに、スケッチそのものが苦手かも?と、いやな予感がします。

f:id:cazenomici:20210130213419j:plain
描いた場所、円福寺。ネコは巨体だった。